学部の歩み(沿革)

「人文社会科学部の歩み」


人文社会科学部は、1966年(昭和41年)に設置された教養部を1977年(昭和52年)に発展的に改組して創設された総合学部です。この学部創設は、従来岩手大学に欠けていた文系学部の設置を望む地域社会の要望に応えるものでもありました。学部創設以来、自然科学との密接な連携のもとに、従来の文学部、経済学部、法学部といった区分を超えて、人文科学・社会科学の総合的な教育研究を行ってきました。


当初は人文社会科学科1学科2コース(地域文化コース、社会科学コース)の体制でスタートしました。1993年(平成5年)に環境情報コースを増設し、3コース9講座の体制を組みましたが、その後、2000年(平成12年)に「人間科学」、「国際文化」、「法学・経済」、「環境」の概念を中核とする4課程8コースの体制へ改組し、2008年(平成20年)には学部創設30周年を迎えました。総合系学部として「専門深化」と「総合化」をより充実させ、グローバル化時代の地域社会の課題にいっそう向き合うため、2016年(平成28年)に人間文化課程および地域政策課程からなる2課程14専修プログラム体制へ改編し、引き続き教育研究のさらなる改善に努めています。


1949年(昭和24年)6月1日岩手大学創設

岩手師範学校、岩手青年師範学校、盛岡工業専門学校、盛岡農林専門学校を母体として学芸学部(定員480名)、工学部(定員120名)、農学部(定員150名)の3学部設置。
岩手大学の将来像として各学部の有機的連携、教養教育の重視、岩手の地域に立脚した特色を打ち出す。


1954年(昭和29年)4月1日一般教育部設置

岩手大学発足以来、学芸学部の教員を中心に、工専・農専の教員を加え一般教養教育を担当してきたが、一般教養教育にできる限り独立体勢で取り組むことを目的に、全学の協力を得て一般教育部を設置。


1966年(昭和41年)4月1日教養部設置

1963年(昭和38年)に出された文部省中央教育審議会・答申「大学教育の改善」に対応して教養部を設置。同時期に教育学部も発足。


1977年(昭和52年)5月2日人文社会科学部設置(1学科2コース体制スタート)

教養部を中心に一般教養教育の改革を進め、総合学部を特徴とする新学部を設置。名称は「人文社会科学部」とし、人文社会科学科(地域文化コース、社会科学コース)、教員92名、学生定員200名の体制でスタート。


1993年(平成5年)4月1日環境情報コース増設(3コース9講座体制へ)

地域文化コース(地域文化基礎研究講座、アジア研究講座、欧米研究講座)、社会科学コース(行動科学研究講座、産業経済論研究講座、法学研究講座)、環境情報科学コース(科学論講座、基礎自然科学講座)


2000年(平成12年)4月1日人文社会科学部改組(課程制を採用し、4課程8コース体制へ)

人間科学課程(人間情報科学コース、行動科学コース) 、国際文化課程(文化システムコース、アジア文化コース、欧米言語文化コース) 、法学・経済課程(法学コース、経済コース)、 環境科学課程(環境科学コース)


2008年(平成20年)人文社会科学部創設30周年


2016年(平成28年)4月1日人文社会科学部改組(2課程14専修プログラム体制に再編)

人間文化課程(専修プログラム:行動科学、スポーツ科学、現代文化、異文化間コミュニティ、歴史、芸術文化、英語圏文化、ヨーロッパ語圏文化、アジア圏文化)、地域政策課程(専修プログラム:政策法務、企業法務、地域経済社会、地域社会連携、環境共生)