研究科案内

人文社会科学研究科は、人間・文化・社会についての深い理解と自然をも含めた広い視野からの考察力を備え、現代社会の諸問題に的確に対応できる能力を修得させることにより、高度で知的な素養をもって地域社会又は国際社会において知識基盤社会を多様に支える人材、及び高度専門職業人として活躍する人材を養成します。

 

figure

人間科学専攻
人間性の解明という根本的な関心の下、人間存在と人間行動の特性について総合的に研究し教育していきます。人間に対する深い理解と広い視野にもとづき現代社会の諸問題に適切かつ柔軟に対応できる人材を育成します。
現代社会に生きる人間・諸課題に、科学的にアプローチする

●臨床心理学領域
こころの時代といわれる現代のさまざまな問題に対応する高度な心理専門家を養成。臨床心理士養成指定大学院(一種)の認定を受け、こころの相談センターを開設し、臨床心理士の養成教育を進めています。
http://jinsha.iwate-u.ac.jp/kokoro-center/

●行動科学領域
心理学・社会学・地理学分野を中心に、現代社会における人間行動の特質や、社会現象・社会問題について、広い視野から実証的に研究します。

●人間情報科学領域
人間存在とその根本問題としての文化を、哲学・思想・言語・情報および自然科学的世界認識の観点から体系的に研究します。

●スポーツ科学領域
人間のスポーツ行動を生理学、コーチ学、社会学、体力科学などから解明し、社会における健康的な生活やより高度なスポーツ活動に資する研究を行います。

<取得可能な資格等>

  1. 既に、中学校教諭一種免許状又は高等学校教諭一種免許状を有している人は、本研究科において所定の単位を修得すれば、当該教科に係る専修免許状を取得することができます。
  2. 中学校教諭専修免許状(教科→社会)
  3. 高等学校教諭専修免許状(教科→公民)

 

●臨床心理士受験資格
平成25年4月に財団法人日本臨床心理士資格認定協会より「臨床心理士養成指定大学院(1種)」の認定を受けました。
※第1種指定大学院の修了生は、修了年度の直近に実施される臨床心理士資格試験を受験することができます。
 この受験資格については、平成26年4月1日の入学者から適応されます。
 さらに、2年遡及適用の措置も受けることができました。

 

国際文化学専攻
文化に対するさまざまな角度からの学びと各自が定めた特定のテーマを深く研究することの組み合わせで、高度で深い理解力を養います。
現代社会に生きる人間・諸課題に、科学的にアプローチする

●文化システム論領域
対象領域を限定せず、システムとして捉えた文化現象の生成、表象、発展、伝播、変容などを、メディア、テクスト、ジェンダー、エスニシティなどの視点も織り込み幅広く研究します。

●東アジア文化論領域
日本や中国など東アジア領域における伝統文化と現代文化を対象とし、思想・文学・言語・歴史などの視点から多角的に研究します。同時に地元岩手の文化への眼差しも必要です。

●欧米言語文化論領域
欧米社会の史的展開を世界史の動向の中に位置づける通時的研究と、欧米各国の文化現象が相互にどのような影響を与え合っているかを広域的・総合的観点から共時的に分析する研究を行っています。

●芸術文化領域
「芸術の担い手」を育成することを目的として、器楽・声楽・作曲・音楽学・絵画・彫刻・工芸・デザイン・美術史・書等の各芸術分野についての専門知識と技術・実践力を研究します。

<取得可能な資格等>

●既に、中学校教諭一種免許状又は高等学校教諭一種免許状を有している人は、本研究科において所定の単位を修得すれば、当該教科に係る専修免許状を取得することができます。

  • 中学校教諭専修免許状(教科→国語、社会、英語、ドイツ語、フランス語)
  • 高等学校教諭専修免許状(教科→国語、地理歴史、英語、ドイツ語、フランス語)

 

社会・環境システム専攻
現代社会は経済のグローバル化やIT(情報技術)化、環境問題の地球規模化などに見られるように、大きく変化しています。この専攻は、現代社会の諸問題を多角的な視点から総合的に研究します。
現代社会の諸問題を総合的に把握し、多角的な分析を行う

●法学領域
社会における実践的教養となる法律に関する知識を専門的に深化させることにより、法律が社会を規制するしくみについての知見を修得するための研究を行います。

●経済領域
社会の今日的諸課題に対応するために、経済に対する幅広い知識と深い洞察力を養い、社会経済システムの構造と動態を明らかにする研究を行います。

●環境科学領域
自然科学と人文・社会科学諸分野の観点から、現代社会が直面するさまざまな環境問題に多角的にアプローチし、そこに潜在する本質や実態、解決法などを総合的に研究します。

●地域政策領域
少子高齢化・地域格差・環境汚染など地域が抱える諸問題に対し、総合的な視野に基づき発生原因を究明し、解決のための政策立案能力を養成します。

<取得可能な資格等>

●既に、中学校教諭一種免許状又は高等学校教諭一種免許状を有している人は、本研究科において所定の単位を修得すれば、当該教科に係る専修免許状を取得することができます。

  • 中学校教諭専修免許状(教科→社会)
  • 高等学校教諭専修免許状(教科→公民)

 

岩手大学入試情報のページ

http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/index.html