資格等

1.教員免許状


中学校教諭一種免許状 》》 国語 社会 英語 ドイツ語 フランス語


高等学校教諭一種免許状 》》 国語 地理歴史 公民 英語 ドイツ語 フランス語 情報


教員免許状を取得するためには、学部で指定している科目以外に、教職教育科目を受講する必要があります(これらは、副専攻に認定されません)。ある教科の教員免許状を取得しようとするとき、そのとりやすさは所属する課程・コースによって異なります。

なお、教員の免許状を取得しても、実際に教員になるためには、原則として、各都道府県の教員採用試験に合格することが必要です。(このことは、他学部、他大学でも同様です。)


2.学芸員資格


人文社会科学部では、学芸員資格を取得するための授業科目(課外科目といいます)も開講しています。学芸員資格を取得するためには、これらの科目を相当数受講しなければなりません。


3.社会調査士


社会調査士とは、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等を捉えることのできる能力を有する「調査の専門家」のことです。人文社会科学部では、社団法人社会調査協会が定める「標準カリキュラム」に準拠した科目を履修することにより、社会調査士の資格を取得できます。


4.環境再生医(初級)


環境再生医とは、自然環境を再生するために診断(調査)、処方(対策)、ケア(維持管理)を行う「自然環境の専門医」を意味する資格(NPO法人自然環境復元協会により認定)です。人文社会科学部(環境科学課程)は環境再生医(初級)資格認定校となっており、在学中に所定の科目を履修することにより、卒業時に環境再生医(初級)資格を取得できます。


※それ以外の資格について

学部の教育課程の中で正規に取得できる資格は以上ですが、これ以外にも、学部で専門に学んだことが、さまざまな資格取得に結びつく可能性は十分あります。実際に国家資格などを取得している学生も少なくありません。ただし、学部での教育は資格取得だけを目指すものではないことも理解してください。