人文社会科学部研究室探訪●Part6(vol.4)page2

研究室探訪 vol.04
研究室探訪 vol.04
研究室探訪 vol.04

Profile
YAN Inshiru
東京学芸大学大学院地域研究コース修了(2001年、修士(学術))、立命館大学大学院社会学研究科博士後期課程修了(2004年、博士(社会学))


先生が研究されているテーマと内容について教えてください


国境を超える際に文化が変わるものと変わらないものがあります。その差は何かということを研究しています

 私はずっと、映像メディアについて研究しています。最近は授業の中でもポピュラーカルチャーを媒体とした日韓の交流史を学んでいますが、面白いのは、近年、ある文化が国境を超える際にその中身が変わることがあるということです。例えば、韓国でとても有名なKポップスターたちが来日し、日本の番組に出演する際、韓国で出演していた時とは違う服装をしていたり、韓国で話していたこととは違うことを話したりします。それに、日本で歌う歌と韓国で歌う歌が異なっていたりする場合もありますね。またドラマや映画でも、韓国で公開されていたタイトルが日本に来る時に日本語に翻訳され、全く別のタイトルになったり、さらには中身も翻訳され、変わっていく場合があります。国境を超える時になぜそのように変化してしまうのかというところに興味があり、研究しています。最近のことだけを取り上げるのは少しつまらないので、1920年代(戦前)から現代までのことを歴史的にたどっていくということを行っています。

これから社会へと出て行く学生たちに期待するのはどのようなことですか

 課程の名前が「国際文化」ですので、国際人になってほしいと思います。日本では国際人というと“英語が話せる人”を指すように思いますが、そうではなく、日本に住んでいても日本のことがよくわからないと思いますのでアジア文化コースで日本のことを学んだり、あるいは欧米言語文化コースで欧米諸国について学んだりするのもいいことだと思います。また、文化システムコースでは現在日本の社会において起きていることについて私たちがどのように考えればいいかということをそれぞれの先生が授業で行っていますので、それぞれの先生のところへ行って話を聞くことで現代社会のことや日常生活の中で起きているさまざまな複雑な現象を学び、すっきりと明確にさせることができます。そのような学びを経て卒業すれば、もう少し社会を見る目や、自分が所属しているこの世界を見る目、また、日本と世界におけるあらゆるつながりなど、そういった複雑なところを見る目・考え方というのが少し変わっていくのではないかなと思います。そのためには授業だけではなく、図書館で一生懸命本や新聞を読むことも大切かと思います。

これから国際文化課程を目指そうという高校生や学生の皆さんにメッセージをお願い致します


早めに目標を設定し、その目標に合う授業を選択していくことが夢の実現への近道です

 これは国際文化課程だけではないのですが、大学では高校までとは全く違う生活が待っています。全てのスケジュールを自分で管理しコーディネートしていかなければなりませんので、早めに目標を設定し、それに向かって授業のスケジュールを組んでいくといいと思います。それから、できれば図書館を積極的に利用すること。岩手大学は地域住民に開かれている大学ですので、地域住民であれば誰でも図書館を使うことができます。大学の図書館だけではなく県立図書館なども積極的に使って自分が知りたい情報をたくさん集め、さまざまなことに挑戦していくという“チャレンジ精神”が必要なのではないかと思います。あとは先生のところに積極的に訪ねて行くことです。高校までは、先生たちは教務室に座っていましたので行けばすぐに会えたのでしょうが、大学では先生たちは一人ずつ自分の研究室にいます。先生たちが自ら先に学生に声をかけるというのは大学ではあまりないことですので、積極的にアポイントを取り、自分から会いに行くという積極性が求められます。高校までとは違う生活をやっていこうという気合いも必要かなと思います。

<学生のコメント>

○梁先生は学生に質問を投げかけることが多くて、しかもその内容が抽象的でけっこう難しいんです。「文化」に答えは一つではないので、学生一人一人に違う答えが求められるんですよね。それに、学生たちは日本人だから日本の文化を聞かれるんです。「この漫画知ってる?」とか。でも世代が違ってわからない質問とかもあって、そうすると「なんで日本人なのにわからないの?もっと興味を持った方がいいよ」とよく言われるんです。だからそれがもっと日本の事も勉強しなきゃなと思うきっかけになるし、刺激にもなります。
 授業では、国際的なこと以外にも心理学や環境などについての学びもありますので、今後は国際文化というひとつのカテゴリーにしぼるのではなく、さらにそれら専門分野も取り入れながら広い視野を持って学びたいと思います。
○今受けている授業が日本と韓国のポピュラーカルチャーについてなのですが、年代ごとに文化の違いがたくさんあって毎回発見があります。
 大学に入ったばかりの頃はやりたいことも特になかったのですが、今では逆に生活の中で興味のあることが増え過ぎてしまって収拾がつかないんです(笑)。多様な内容の授業なので、そういうこともあるんだと発見があって面白くて。梁先生の授業を受けるようになって、日本のことをもっと知らなければなと思うようになりました。
 生活の中でも、最初はこれはあまり自分には興味がないことかなと思っても、話を聞いていくうちに「なんで今までこれを自分から遠ざけていたんだろう」と気付くこともたくさんあります。だから、何事においても決めつけることなく、広い視野を持つように心がけています。