Campus News 人文社会科学部に関するイベントなどの情報です。

国際シンポジウム「文学における〈喪〉、そして共同体の再構築」の開催 2012年12月06日木曜日 掲載

人文社会科学部と学術交流協定を締結しているボルドー第3大学(フランス)から二人の研究者を招聘して、国際シンポジウム「文学における〈喪〉、そして共同体の再構築」を開催します。

12月21日(金)13時30分~ 日本現代詩歌文学館(北上)
12月22日(土)13時00分~ 岩手大学北桐ホール
12月23日(日)10時00分~ 岩手大学北桐ホール

【趣旨】
古代より、無数の文学作品が死者たちに捧げられ、鎮魂の祈りが共同体の(再)構築をうながしてきました。2011年3月11日の惨事以降ますます重要度を増している、こうした文学の機能を再確認するために、本シンポジウムではヨーロッパの文学作品に加えて、とくに宮沢賢治の作品を読み解いていきます。
ボルドー第3大学のエリック・ブノワ教授とヴァレリー・ユゴット准教授、そして日本全国から研究者が多数参加し、三日間にわたって発表と討論を行います。
なお、本シンポジウムは、日本学術振興会SAKURAプログラム採択事業の一環となります。


日仏交流シンポジウム
本件に関する問い合わせ先:フランス文学研究室 中里まき子