Campus News 人文社会科学部に関するイベントなどの情報です。

平成20年度 人文社会科学研究科・修士論文発表会 開催の お知らせ 2009年02月10日火曜日 掲載

平成20年度の「人文社会科学研究科・修士論文発表会」を 以下の要領で 開催しますので、興味のある方は、ぜひ おいでください(学部学生の方も、遠慮なく ご参加ください)。

  日   時 : 平成21年2月20日(金) 10:00 ~ 17:20
  場   所 : 学生センター棟 1階  G1大講義室

※ この発表会は、修士論文作成・執筆者が 自身の研究内容を 専門外の方にも 平易に説明し、 研究成果を 広く社会に公開するとともに、 発表 ・ 意見交換を通じて 研究の一層の深化と プレゼンテーション能力を磨く場と 位置づけられています。

※ 質疑応答を含め、発表者1人あたりの持ち時間は 20分と なっています。

                      < 発表会 ・ プログラム >

  【 10:00 ~ 10:10  開会 ( 研究科長 挨拶 等 ) 】

  【 午前の部  10:10 ~ 12:20 】 

   氏 名 、 専 攻 ( 研究教育領域 ) 、 題 目 の順
・相越  麻里 、 人間科学(臨床心理学) 「身体接触の臨床心理学的効果と青年期の愛着スタイルとの関連」
・中井   徹  、 人間科学(臨床心理学) 「ロゴセラピー的視点による生きがい感充足要因の検討」
・阿部 千賀子 、 人間科学(臨床心理学) 「教育相談体制におけるスクールカウンセラーを含めた教師間の連携について-中学校の事例を中心として-」

    ( 休憩  11:10 ~ 11:20 )

・小野寺 汐美 、 人間科学(臨床心理学) 「小・中移行期における学校適応過程に関する一研究」
・上田   穫  、 人間科学(臨床心理学) 「読書療法のメカニズムに関する研究-読み手の異なる解釈を中心に-」
・多田  万恵 、 人間科学(臨床心理学) 「写真コラージュ法とボックスコラージュ法の比較研究:感情と制作体験を指標として」

    ( 休憩 ( 昼食 ) 12:20 ~ 13:30 )

  【 午後の部  13:30 ~ 17:20 】 

・高橋  智幸 、 人間科学(行動科学) 「精神障害者に対する地域生活支援システムに求められる基本的原則の探求~障害者ケアマネジメントの視点から~」
・衛    蔚  、 人間科学(行動科学) 「権力者の認知的特質に関する実験的研究」
・吉岡  啓介 、 人間科学(行動科学) 「「説明の上手さ」認知に影響を与える要因について」

    ( 休憩  14:30 ~ 14:40 )

・村山  瑞穂 、 国際文化学(東アジア文化論) 「古代から中世における穢れと差別」
・日高  延枝 、 国際文化学(欧米言語文化論) 「ラ・フォンテーヌ『寓話』における「楽しさ」について」

    ( 休憩  15:20 ~ 15:30 )

・櫻井   悠  、 社会・環境システム(環境科学) 「ブナ林の安定性-落葉落枝量の動態と倒木の影響-」
・千田  揚輔 、 社会・環境システム(環境科学) 「オオクチバスによる溜池魚類相の変化と行政的対応」
・張   玉艶 、 社会・環境システム(環境科学) 「中国のエネルギー事情と地球温暖化への影響の分析」

    ( 休憩  16:30 ~ 16:40 )

・韓    波  、 社会・環境システム(法学・経済システム) 「中国WTO加盟後における日中経済関係と政策展開」
・松橋  昭典 、 社会・環境システム(法学・経済システム) 「不当労働行為意思論についての一考察」

  【 懇親会 ( インシーズン ) 17:30 ~ 19:30 】
   ※ 懇親会参加費 : 学生  無料 、  教職員 等  1,000円

  本件に関する問い合わせ先 : 人文社会科学部 学部運営グループ