修士論文・卒業論文


2000年度

 修士論文
  三浦寿美子 「中世・近世の肉食に関する思想史的考察−諏訪の勘文の伝播を中心に−」


 卒業論文(特別研究)
  伊藤 瑞恵 「植木枝盛の思想」
  小林 郷子 「水野広徳の思想」
  高見舘 静 「東北地方における民間信仰の研究−岩手の隠し念仏について−」



2001年度

 卒業論文(特別研究)
  一方井亜稀 「北一輝と磯部浅一の思想−その天皇観を中心に−」
  小笠原麻紀 「古代日本人の他界観」
  小田島勇樹 「三島由紀夫−その理性について−」
  黒田  貴彦 「『古事記』『日本書紀』に関する思想史的考察」
  下川原佳恵 「近世武士道についての思想史的研究」



2002年度

 卒業論文(特別研究)
  浅沼 チエ  「雨森芳洲の対外認識」
  小向 志奈 「近代知識人の天皇観」
  佐藤 里恵 「山鹿素行の思想について−修身論をめぐって−」
  躑躅森 恵 「無住の思想」
  中村 瑠美 「近代日本の朝鮮観」
  宮腰 恵梨 「保科正之の思想」



2003年度

 卒業論文(特別研究)
  柴田美千子 「近世における異国認識と日本観−神昌丸漂流一件をめぐって−」
  植本 美喜 「『太平記』にみる異形をめぐる思想史的考察」
  高橋   史 「古代日本人の死生観」
  成澤 有理 「明治初年の神仏分離政策とその思想」
  濱谷 貴乃 「江戸時代中期から後期における差別思想」
  林   友美 「戦国から江戸初期における宗教思想−天道を中心に−」



2004年度

 修士論文
  李 清 松 「内村鑑三と朝鮮」
  アントニウス・プジョ 「新渡戸稲造『武士道』の思想史的研究」


 卒業論文(特別研究)
  一方井菜穂 「美術家・松本竣介の思想」
  宇佐見さやか 「型に関する思想史的考察−少林寺拳法を中心に−」
  大畑 光子 「奥羽の禅宗−自己・対外意識を中心に−」
  立花 佑香 「古代・中世日本人の色彩観」
  舘 美奈子 「古代日本における死生観の変遷」
  松澤香陽子 「古代から中世における女性観について」
  山屋 賢一 「南部流風流山車の研究−思想史的見地から−」
  吉岡   由 「近世から現代における子ども観について」



2005年度

 修士論文
  和久井洋子 「本居宣長の思想史的研究−その天皇観を中心に−」


 卒業論文(特別研究)
  小保内敦也 「西田幾多郎の宗教観」
  小山 幸恵 「古代日本人の桜観」
  清水 隆行 「戦国から江戸時代における剣と禅」
  高木真理子 「尾崎翠の思想」
  李 玉 燕  「福沢諭吉の天皇観」



2006年度

 修士論文
  趙 浚 博 「後期水戸学の思想−国家構想をめぐって−」


 卒業論文(特別研究)
  伊藤 麻子 「宮沢賢治『農民芸術概論綱要』の考察」
  千田 弘美 「幕末志士の思想」
  上村 優成 「石川啄木の郷土観」
  金田ゆかり 「『日本霊異記』の地獄観」
  澤田 粧子 「高村光太郎の思想」
  渡辺 鈴菜 「古代から中世における盆行事の思想史学的研究」
  竹松 隆太 「近世日本の政治思想における『貞観政要』の受容について」
  戸田亜紀子 「後藤新平の日本観」
  村山 瑞穂 「日本中世における穢れと差別」



2007年度

 修士論文
  李 玉 燕 「近代知識人の天皇観−福沢諭吉と植木枝盛を中心に−」


 卒業論文(特別研究)
  阿部 雄太 「宮沢賢治の仏教観」
  加藤 空見 「『万葉集』から探る、古代日本人の植物観及び季節観」
  今   美敦 「西行の思想」
  佐々木友香 「安藤昌益の思想−支配者観を中心に−」
  三浦真由美 「平安時代摂関期における女性の出家観」



2008年度

 修士論文
  村山 瑞穂 「古代から中世における穢れと差別」


 卒業論文(特別研究)
  佐藤 寿美 「七福神の信仰史」
  関   慧子 「『万葉集』にみる古代人の月観」
  千葉 裕美 「文学・芸能に見られる怨霊・御霊観」
  八島 瑶子 「遊廓通いの倫理観−その時代的推移、及び一般道徳との比較−」
  白    蘭 「荻生徂徠の教育思想−朱子と比べながら−」



2009年度

 修士論文
  三浦真由美 「平安時代の女性の往生思想について」
  劉 紅 麗 「近世日本における自他関係をめぐる思想史的考察−伊藤仁斎の思想を中心にして−」
  李 暁 楠 「大塩中斎の政治思想」


 卒業論文(特別研究)
  越後 春美 「母子関係にみる女性観−鎌倉時代を中心に−」
  大石まどか 「芥川龍之介の神認識」
  木村 夏海 「日本人の動物認識」
  高木   彩 「平安時代の恋愛観」
  結城 拓哉 「植木枝盛の思想−国家観と天皇観を中心に−」
  枝松 智美 「幸徳秋水の革命観」



2010年度

 修士論文
  白    蘭 「荻生徂徠の教育思想」


 卒業論文(特別研究)
  川崎 和子 「中世非人に対する卑賤視と差別」
  佐藤真生子 「切腹に見られる武士の死生観について」
  佐藤 森絵 「江戸幕府の農民教化について」
  菅原   舞 「横井小楠の対外観と国家観」
  竹花 理紗 「宮沢賢治の児童観」
  西村 静香 「仙台藩校養賢堂の教育思想」
  渡部 朋子 「江戸時代における稲荷信仰について」



2011年度

 修士論文
  潘    亭 「吉田松陰の政治思想」


 卒業論文(特別研究)
  熊谷 彩花 「『遠野物語』の神々と民衆」
  佐藤 千晴 「墓と樹木に関する思想史的考察」
  相馬 亜紀 「明治初期の宗教政策と民衆−東北地方を中心に−」
  田口 千晶 「神楽の思想史」
  橘    薫 「安藤昌益の思想」
  千葉 汐莉 「日本人の時間意識」
  原田千由紀 「中世鎌倉仏教における女性観」
  藤田 里実 「八戸三社大祭について−思想史的見地から−」
  松本 大亮 「怪異の起源とその変遷−歴史の中でいかに妖怪は語られてきたか−」



2012年度

 卒業論文(特別研究)
  荒関佳奈子 「御神体の変遷−御神体はなぜ隠されるのか−」
  齊藤   泉 「日本の葬送儀礼についての思想史的考察」
  佐々木梨理子 「古代の人々の霊魂観」
  高橋 遼平 「林子平の処分の思想的影響」
  田中奈都美 「器物に対する霊魂観の変遷」
  原田真理恵 「江戸時代の生活と和算の関係」
  平野 里衣 「東北の稲荷−江戸との比較を通して−」



2013年度

 修士論文
  白    韵 「福沢諭吉の女性観」
  松本 大亮 「怪異に関する思想−「妖怪」に付された意味と託された役割−」


 卒業論文(特別研究)
  中嶋 真星 「岩手県における馬に関する信仰」
  金平理恵子 「菅江真澄の旅の思想」
  菊池彩友未 「宮崎駿アニメの世界観−思想史の視点から−」
  曽根 彩花 「明治・大正・昭和における女性解放思想について」
  箱石 美咲 「火葬を支えた死生観−古代の天皇・貴族を中心に−」
  橋場   綾 「和賀地方の民間信仰と鬼剣舞」
  古川   光 「近世社会における視覚障がい者への認識」



2014年度

 卒業論文(特別研究)
  三浦 孝弘 「江戸から現代にかけての「いき」に見える江戸っ子思想」
  海老子川由布 「漁業労働における女性禁制の思想」
  織笠 咲希 「天体現象の捉え方の変化について」
  菊池 明歩 「近世以降の茶道を伝統文化とする思想について」
  菅原奈津季 「日本の鬼−古代・中世における鬼の考察−」
  田口晃太郎 「祟りの思想−神仏習合期を中心に−」
  遠山   徹 「鎌倉時代の仏教とその担い手」




岩手大学 人文社会科学部 中村安宏研究室
最終更新日:2015/03/09