ニュース

宮沢賢治いわて学センター 第3回研究会のご報告

掲載日ニュース


岩手大学人文社会科学部 宮沢賢治いわて学センター 第3回研究会のご報告

・日 時:令和元(2019)年11月13日(水)17:50〜18:30

・会 場:岩手大学 学生センターA棟 2階 G2大教室

・講 師:田中 成行 氏(岩手大学教育学部准教授・当センター兼務教員/国語科教育・日本文学)

・演 題:『やまなし』のクラムボンの意味を子蟹の成長から考える

・司 会:小島聡子(当センター兼務教員)

・参会者:30+180名

★研究会終了後、情報交換会(ミニ茶話会)が開催されました  

(18:30〜19:30 於学生センターA棟 2階 G2A教室。参加者:15名)。

【発表要旨】

 大正12年(1923)4月8日、地方紙「岩手毎日新聞」掲載の童話『やまなし』は、 「私」の2枚の幻燈の、5月と12月の小さな谷川の底に登場する子蟹の兄弟が、5月に 「クラムボン」と呼んだものを、大きく成長した兄弟が12月に「あわ」と呼ぶことを 人間の児童期と捉え、幼児期に当たる子蟹達の幼児語としての「泡」と考えた。大正 デモクラシーという民主主義と自由・平等・人権を尊ぶ時代背景に注目し、同じ紙面 の津村順天堂の子ども専門薬「童丸」の広告にも窺える、世界的な「子ども中心の教 育運動」が日本では大正自由教育運動となり、賢治も購読した「赤い鳥」等の子ども のための児童文学が出版され、賢治と同年に生まれ同じ頃発表されたピアジェやヴィ ゴツキーの児童心理学・発達心理学の成果である幼児期独自の自己中心性の要素の 「全てのものに生命が宿ると考える」アニミズムで、詩人八木重吉の1歳過ぎの娘桃子 さんが鞠を「いいやあぽん」と呼び成長し「まり」と呼ぶような子蟹兄弟の成長を、 やまなしが花咲き実が熟す生長と重ねて考察した。

田中成行氏の講演風景

 

宮沢賢治いわて学センター第3回研究会チラシ

ページトップへ