イベント

Webオープンキャンパス模擬裁判「言葉の刃」(法学研究サークルILC主催、アンケート受付延長)

掲載日イベント


みなさんこんにちは!

私たちは、今回のオンラインオープンキャンパスで模擬裁判公演を主催する、岩手大学法学研究サークルILCです!

当団体は、岩手大学人文社会科学部地域政策課程で法学に興味を持つ学生を中心に活動しています。年に数回、模擬裁判の企画・公演をしているほか、盛岡地方裁判所と協働した各種イベントの企画・運営、地域の高校生との模擬裁判の作成・実施等の地域貢献活動や、留学生対象模擬裁判等を積極的に行っています。

 

毎年当団体では、地域政策課程で学ぶことのできる法学や、法に基づいて行われる裁判がどのようなものかを高校生のみなさんに知ってもらうために、オープンキャンパスにおいて模擬裁判を実施しています。模擬裁判とは、裁判を模した劇のことで、実際の裁判と同じ流れで行われます。

今回の模擬裁判は「誹謗中傷による傷害事件」です。被告人がメールを使って送信した言葉によって、被害者はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症してしまったと検察側は有罪を主張し、弁護側は無罪を主張しています。裁判の中で示される証拠や、被告人・証人の話に基づいて、実際に被告人が有罪か無罪か判断してみてください!みなさんの判断結果に応じて、言い渡される判決が決まります。

以下の視聴方法をご参照の上、模擬裁判をお楽しみください。

 

・視聴方法(動画視聴後にアンケートにご協力ください!)

以下のリンク①に、裁判で使用する資料が掲載されていますので、可能であればお手元に用意してご覧ください(動画の概要欄にも同じURLが用意されています)。もしパソコンからご覧いただけるのであれば、同時に開く形でも構いません。

リンク②は、模擬裁判の映像を見ることができるYouTubeのリンクとなっています。こちらから模擬裁判の動画本編をご覧ください。

リンク③には、法学研究サークルILC代表の挨拶が掲載されておりますので、よろしければご覧ください。

動画視聴後に、アンケート(下記リンク④および動画概要欄にURLを用意しています)にぜひご回答ください!

 

リンク① 模擬裁判視聴用の資料はこちらから

リンク② 模擬裁判動画はこちらから

リンク③ ILC代表挨拶はこちらから

リンク④ アンケート

ページトップへ