ニュース

宮沢賢治いわて学センター 第4回研究会のご報告

掲載日ニュース


岩手大学人文社会科学部 宮沢賢治いわて学センター 第4回研究会のご報告

・日 時:令和2(2020)年1月29日(水)17:50〜18:30

・会 場:岩手大学 学生センターA棟 2階 G2大教室

・講 師:山口 明 氏(岩手大学理工学部准教授・当センター兼務教員/薄膜材料学)

・演 題:宮沢賢治と周期律 ・司 会:小島聡子(当センター兼務教員)

・参会者:29+177名 ★研究会終了後、情報交換会(ミニ茶話会)が開催されました  (18:30〜19:30 於学生センターA棟 2階 G2A教室。参加者:12名)。

【発表要旨】

 宮沢賢治が科学に通じていたことはよく知られている。その賢治の愛読書・片山正夫著 『化学本論』の中に「週期系の表」がある。これはちょうど150年前に提唱された、今の 「元素周期表」である。賢治は作品や手紙等で実に45もの元素に言及している。

 賢治の描写手法の一つに、幅広い分野の専門用語を用いるということがあり、その意図 は様々な可能性が考えられる。例えば詩「凾館港春夜夜景」の冒頭に、「地球照ある七日 の月(半月のこと)」とあるが、この詩作の直前、賢治が函館に着いた日は満月であった。 さらに半月の地球照は実際は非常に見にくい。推敲履歴を見ると、当初は「他は暗い七日 の月」であった。恐らく賢治は、事実は別として、より効果的な描写を求めたのではない か。

 同じ「凾館〜」には賢治が好きだった「浅草オペラ」で上演された、「喜歌劇オルフィ ウス」(「天国と地獄」)の記述もある。そしてその「天国と地獄」のメロディで、全元 素を歌っているのを、現在はネット上に見つけることができる。賢治が生きていれば喜ん だはずだ。

 他に「シグナルとシグナレス」の「結婚指輪」と環状星雲と金・銀の偶然の関係、「永 訣の朝」での「二相系」も理系の視点からは非常に興味深い。

山口明氏の講演風景

 

宮沢賢治いわて学センター第4回研究会チラシ

ページトップへ